fxとはどんなトレードか?

最近はfxという言葉よく耳にするようになりました。
皆さんの周りの知人・友人でもfxトレードを行っているという人がいるでしょうし、自分でもfxをはじめてみたいと考えている人もいるでしょう。
ところで、fxとは従来の株式投資などと比べて、どのような点が異なるのでしょうか?
fxは外国為替証拠金取引という意味の言葉で、業者に担保となる証拠金を預けることで為替取引を行うものです。
株式投資と比べると自由度の高い取引きであり、自分のライフスタイルに合わせたトレードを行うことができるのがfxの魅力の一つでもあります。
たとえば、株の場合は平日の9時から15時までしかマーケットが開いていないので、サラリーマンがオンタイムで取引を行うのは無理ですが、fxは世界中のマーケットで取引きが行われているため、24時間いつでもオンタイムで取引を行うことが可能です。
また、手軽にはじめられるのもfxトレードの大きな特徴です。
手軽さの理由の一つが「手数料の安さ」で、現在では多くのfx業者で手数料が無料となっています。
また、少額からはじめられるのも、手軽さの理由の一つです。
取引き最低額は業者によって異なりますが、多くの業者が一万円から取引きができますし、業者によっては1000円から取引できるところもあります。
「1000円で取引しても利益が出ないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、fxではレバレッジという手法を用いることで、実際の金額以上の取引を行うことができます。
これもfxトレードの大きな特徴です。
たとえば、1ドル=100円のときに1000円で10ドルを購入したとしましょう。
その後、1ドル=105円の時にドルを売って円を買い戻せば、1ドルあたり5円の利益が出ますから、10ドルでは50円の利益になります。
ところが、レバレッジを10倍効かせておくと利益も10倍になりますから、利益は500円となります。
つまり、1000円の投資で50%に当たる500円の利益が出たことになりますから、かなりの利益率だということが分かるでしょう。
ただし、損をすると損失額も10倍になるわけですから注意が必要です。
しっかりとしたリスク管理をしておきましょう。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>