FXをすることのデメリットも知ろう

FXをすることのデメリットとは一体何なのでしょうか。
まず投資である以上元本保証がないというデメリットがあります。
これはFXに限らず他の投資にも言えることです。
またFXの場合は証拠金取引で、しかもレバレッジが欠けられるようになっています。
これによって実際に自分が口座に入れているよりももっと大きなお金で取引をすることができるのです。
もしも読みが当たりますと大きく儲けることができますが、読みが外れてしまった場合には元々入れている証拠金を全て失い、さらに借金が発生してしまう恐れがあります。
大体どこのFX仲介会社でも自動的リスクカットのできる機能が付属していますので損害が大きくなった時点で自動的に清算されますので借金が大きくなりすぎることはあまりありません。
そしてこの強制的なリスクカットは場合によっては大きなデメリットになることもあります。
大きな損害が出ないようにするためのリスクカットではありますが、含み損がかなり大きくなりながらもある程度すると復活する場合には損になる可能性もあるのです。
強制的にリスクカットされてしまうことによって建て直しができなくなってしまいます。
また強制リスクカットによって塩漬けという方法で儲けることもできなくなってしまう可能性もあるのです。
しかしこれに対抗する方法はあります。
それはレバレッジをかけないことです。
レバレッジさえかけなければどれだけ含み損が大きくなったとしても強制的にリスクカットされることはありません。
というのもどれだけ損が出ても入れている証拠金よりも損が大きくなることがないからです。
工夫さえすればデメリットも跳ね除けられます。

Posted in: デメリットを知っておく